Bonds with a soul

2014年09月17日

芯を作る

今は過去の結果、未来は今の結果。

ただ、過去の何が、今の何が、それぞれ今と未来に影響しているのかが明確ではありません。

勉強をせずに試験に挑んだ(過去)から、失敗した(今・結果)
という具合に、明確に繋がりがあれば、わかりやすいのですが、常に繋がりが明確とは限りません。

だからこそ、冒頭の言葉を聞いたとしても、時には「そうだ!そうだ!」と思うこともあれば、時には「何の関係があろうか!」とも思うわけです。

時々で肯定したり、否定したり、一定ではないのですから、常日頃の自分の心掛けも一定とは言えないでしょう。

たとえば、怒りっぽいのは望まぬ結果を招きがちだから気をつけよう、と心掛けていても、一定ではない自分なのですから、ついつい…怒ってしまうのです。

何か一つ、心に決めたことをやり遂げようという意思が弱ければ、一定にはなれず、どこか行き当たりばったりな言動をとってしまい、結果も当然一定ではないのです。

うまくいこともあれば、いかないこともある…ごく当たり前のことのように受け入れているかもしれませんが、完璧とまではいかなくても、うまくいく割合を上げることは可能なのです。

強い意思と冷静さ、これが必要になるのですが、どちらも自分で作り上げていくものであり、「ない」という言葉で逃げるのではいつまで経ってもそうなれることはないのです。

座禅とか瞑想とか、そういうものは、そうして何かの力を得るというものではなく、続けるということで意思を強くし、またその時間の中で冷静さというものを培っていくのです。

最初はただぼんやりとして心の疲れを癒すもの、そしてその次は癒された心を強くしていくものなのです。

「日々の心構え」の中に「気力をアップする方法」を紹介しておりますので、是非実践してみてください。

何の関係が…と思う場合は、決して実践しないでください。(時間が無駄になりますので、お好きなことをしてください)

また実践するからには、続けることを意識してください。

出来なかった日はその理由を書き出し、後々読み返してみてください。

本当に出来なかったのか、それとも別のことを優先したのか、時間の使い方を工夫できないか、など続けるためのヒントが隠れているかもしれませんよ。

人生は綱渡りのような面もありますが、その綱をより太く、また綱を渡る自分のバランス感覚を磨くために出来ることがあるのだと知ってくださいね。

真実への扉は・・・本家にある

ニックネーム 虎山 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする