Bonds with a soul

2014年11月25日

己の意思が人生を作る

人から尊敬されるような人も成功者と言われる人も、名もなき一市民として生涯を終える人も、人はみな「自分の意志」により人生を送るという点では同じです。

成功者にだけ天からありがたいご指示があり、それを実行しているというわけではありません。

声が聞こえた…ということはほぼあり得ないのです。

自分がどういう生き方をするのかは、常に自分の意志により決まっているのです。

その一方で、人それぞれに何かしら求められるものがあるのも確かです。

ただ、それがどんなことであるのか、それが明確にはわからないのです。

そんなことがあるのならば、教えてほしい、またはわかるようにしてくれてもいいのではないか…そんな言葉も聞こえてきそうですね。

しかし、そうではないところが「人生」であり、人間の存在する意味なのかもしれませんね。

人はそれぞれに自分の思う生き様をしていいのですが、そこには「自己責任」がついてまわります。

自分の責任のもと、自分の思うように生きてみる、これが成功するのか、失敗するのか。

まずは何をもって「成功」とか「失敗」というのかもありますよね。

さきほどの「求められる何か」に沿った人生が成功なのか、それとも自分の好き勝手に生きるのが成功なのか。

それさえも、自分で決めていくのです。

与えられた答えが正解だとしても、教えられた答えが正解だとしても、人は自分の意志で生きていくことを必ず選ぶのです。

それで構わない、と思うのです。

自分で責任を負う覚悟、これだけを忘れないことです。

覚悟がなければ、必ず後悔してしまうからです。

あぁ、この人生は間違いだった…という一生かもしれないとしても、クヨクヨと後悔したままではなく、それでもいいのだと思える自分であるべきなのでしょう。

真実への扉は・・・本家にある

ニックネーム 虎山 at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする