Bonds with a soul

2014年11月18日

どんな朝を迎えますか

あなたは今朝目が覚めた時、または目が覚めてから、どういう気持ちでしたか。

特に何も考えていなかったでしょうか。
もっと寝ていたいなと思ったでしょうか。
仕事に行くのが面倒だなと思ったでしょうか。

それぞれに様々な思いを抱き、今朝を迎えたことでしょう。

話は変わって、目の前にジュースがあります。
それを飲もうと思いますが、そのジュースが絞りたてのフレッシュなジュースなのと、いつ絞ったのかわからないものでは、どちらがいいでしょうか。
もちろん、どうせ飲むのならば、新鮮なものがいいですよね。

これは「朝」についても同じではないでしょうか。

朝目が覚めた瞬間がその日の始まりです。

いつもと同じような朝だと思うかもしれませんが、それは自分がそう思い込んでいるだけなのではないでしょうか。

フレッシュな朝、そういう風に感じられる自分があるでしょうか。

いつ絞ったのかわからないけど、傷んではいないジュースのような朝。
それでは、ジュースの材料となった野菜や果物の本来の美味しさが半減してしまいます。

朝、ひいてはその日一日をフレッシュなものとして、本来の喜びを思う存分引き出すためには、自分がそう意識していくことが大切なのです。

人から「はい、これがフレッシュな朝です」と差し出してもらえるものではないのです。

もちろん、共に過ごす人がいる場合には、その人の言動によってはフレッシュな朝とは思えない状況もあるかもしれませんね。

しかし、そういう状況に負けるような意識では、相手に関わらずフレッシュな朝を自分のものとすることはできません。

人それぞれに、様々な状況があるとしても、朝を迎えられたということは本当に喜ばしいことなのです。

さて、明日の朝は「フレッシュな朝」となるでしょうか。

それはあなた次第ですよ。

真実への扉は・・・本家にある

ニックネーム 虎山 at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする