Bonds with a soul

2014年12月17日

「許す」というのは自分のためだ

短気は損気( 短気を起こすと、人間関係がこじれたり、仕事もうまくいかないなどの理由から、結果的に損をするのは自分だということ)なんて言いますが、本当にその通りです。

誰でも自分の気持ちというものを持ちますし、それを通したいという気持ちが生じるのは当たり前のことかもしれません。

しかし、いつもいつも自分の気持ちが通るかと言えば、そうではありません。

時には自分の気持ちを抑えて対応しなければならない状況は誰にでも訪れます。

特に「怒り」というものは、爆発させるか、させないかで、その後が大きく変わってしまう可能性を秘めています。

年末が近づき、どこか心の余裕が失われてしまう人もいますが、心の余裕は世間が創るものではなく、自分で確保するしかありません。

イライラしたり、他人のミスを怒鳴りつけたくなる、そんな気持ちをコントコールできない、これが余裕の無さ。

3回は相手を許そう、そういう風に自分をコントロールしなければ、あちこちに自分の気持ちをストレートにぶつけていては、物事がうまくいくはずもありません。

うまくいかなければ、またそれが自分を暴走させてしまいます。

そういう悪循環に入る前に、意識的に「許す」ということを実践してみるのです。

許された相手、その人が自分の気持ちを通しただけの人であれば、その人にも「短気は損気」が当てはまるのですから、何も自分が短気を出すことはないのです。

運がない、ツイていない、そんなことの大元には、少なからずこういう「短気は損気」のように自分の気持ちを押し通そうとするものがあるかもしれませんね。

年末に向けて、世の中の雰囲気に流されることなく、冷静さを忘れないようにしてください。

焦り、なんて感じないように。

焦りは事故や失敗の原因にもなりますから、急がば回れの気持ちで、丁寧に日々を送ってください。

真実への扉は・・・本家にある

ニックネーム 虎山 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする